【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「非暴力」を読む

先日古本屋で現代書館発行の「非暴力」という本をゲット。1987年発行ということで結構昔の本なのですが、サヨク界隈が進化していないおかげで現在でも十分楽しめるシロモノであります。

内容はといいますと、非暴力とはなんぞやというところから始まり、非暴力主義の偉人たちのお話、非暴力行動のやり方まで盛りだくさん。イラストを多用しお子様でも理解できるものになっております。
「暴力的な男性優位社会VS非暴力的なフェミニストの社会」なんていうステキな文章もございます。

そんな中でも一番のオススメは「非暴力実践ガイド おまわりさんとこうしてつきあおう」です。
警察官との話し方やガサ入れ時の応対方法などが16ページにわたって細かく書かれています。

「ステッカー、ポスター、ビラ貼りのしかた」では警察官の介入に対する対抗方として
1.何人かで組んで貼りに行く
2.現場では、見張り(前後左右)をたてる
3.警官の姿をみたら、中止する(ノリカンやビラは隠すか、捨てて、素早くその場を立ち去り、かくれる)
4.警察官にとがめられた時は、周囲の応援を求め、表現の自由を主張する
5.警察官が通過したあとの経路はビラ貼りには絶好である
6.深夜はタクシーのライトに注意する。密告されることがある

以上の6項目が書かれています。表現の自由といいながら、やたらとコソコソしているのが特徴です。

文章もステキなのですが、イラストが最高にイカシてまして「機動隊の暴行を告発し、勝訴」というところでは「この非国民め!!」と言って警棒を振りかざす機動隊員が描かれています。
この非国民め!!


機動隊員が暴行を振るったのが事実だとしても「この非国民め!!」とは言っていないと思いますが・・・・

極めつけは「A君が逮捕された時(又は取調べ中に)警察官から暴行をうけたら、どうするか」のイラストです

おまわり最凶伝説


ボッコボコです(笑)

とにかく全編にわたって警察官が極悪人のように描かれていて最高に愉快ですた。これが非暴力の思想なんでしょーか。
スポンサーサイト

世界十大独裁者(うち特定アジアから二人)

米雑誌の「世界十大独裁者」で胡錦涛が第6位にランキング
http://www.roc-taiwan.or.jp/news/week/06/060221c.htm

-引用開始-
米誌『パレード』が今年1月22日付で報じた「2005年世界十大独裁者ランキング」において、中国の胡錦涛主席が第6位にランキングされた。胡錦涛は前年の第4位から6位に後退したものの、依然トップ10にランキングされており、報道の自由を規制し人権を抑圧している独裁ぶりが国際社会において突出していることが浮き彫りになった。

 同ランキングは、フリージャーナリストのデヴィッド・ワルチンスキー氏が、米・フリーダムハウスや国境のない記者団、アムネスティ・インターナショナルなど国際人権保護団体などからの報告を参考に選出しているもので、毎年その結果がパレード誌で紹介されている。
-引用終了-

世界十大独裁者が発表され、そのうち二人が特定アジアから選ばれました。たいへん喜ばしいことです。

世界の独裁者はどんな人たちなんでしょうか。10位から1位までみてみましょう。

10位赤道ギニア ヌゲマ大統領
ヌゲマじゃなくてンゲマらしいですが、http://ms-t.jp/Statistics/Data/System.htmlここによると「同国で産出される石油の収入の大部分はオビアン・ンゲマ大統領とその家族の手に渡っていて、国民の多くが1日1米ドル以下で生き続けている。」そうです。うーん豪傑ですねぇ。

9位イラン 最高指導者ハメネイ師
アメリカのブッシュの野郎(@北朝鮮内部文書風)が悪の枢軸と言ったイランの最高指導者ですな。米誌が選んだのでランクインしたのでしょう。宗教指導者なので趣味者が泣いて喜ぶような武勇伝はなさげです。

8位トルクメニスタン ニヤゾフ大統領
でました!ニヤゾフ。偉大なる終身大統領が8位にランクインです。新聞は毎日大統領を賛美しまくり、首都は大統領の肖像画やらモニュメントが溢れかえっている地上の楽園という見事な独裁者ぶりにうっとりです。

7位サウジアラビア アブドラ国王
特にコメントなし。

6位中国 胡錦涛・国家主席
特定アジア一人目の独裁者。チベットで戒厳令を出したりして出世したというところがナイスです。デモは力で粉砕がモットー。

5位ウズベキスタン カリモフ大統領
wikihttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%95によると、自国民のデモを力で抑えて700人くらい殺しちゃったらしいです。「中央アジアの金正日」という素敵すぎるニックネームが独裁者ぶりをあらわしていますね。

4位ジンバブエ ムガベ大統領
白人の土地を強制接収して国有化した豪快さん。外務省のサイトによるとhttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/zimbabwe/data.html2005年5月になって、ジンバブエ政府は「秩序回復作戦」と称して不法居住区の住宅や露店の撤去に着手し、70万人(国連発表)が住居や生活の糧を失ったとあります。かなりのやり手です。

3位ミャンマー 軍事政権の最高実力者 タン・シュエ議長
選挙結果を承認しなかったり、民主化活動家を軟禁したりと絵に描いたような独裁ぶりが素敵な軍人さんですが、3位のわりには知名度が低いのが気になります。

2位北朝鮮 金正日総書記
もはや説明不要。現世界でいちばんの偉大な革命家、偉大な政治家です。

1位スーダン バシール大統領
昨年に続きV2を達成。民族浄化で7万人を殺しちゃったっていうからレヴェルが違うね。

永田議員に激しく期待

「永田騒動」で自滅の民主党、抗議電話も殺到
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060223it05.htm

-引用開始-
東京・永田町の民主党本部にはこの日朝から、「民主党はうそつき」「22日の党首討論にはがっかりした」などの電話がひっきりなしにかかり、最も電話が多い選挙期間中と同じぐらいあったという。
-引用終了-

逆転サヨナラ満塁ホムーランを狙うのであれば

永田怪死

これしかないね。そうすれば野口某の時みたく「黒社会が」「陰謀が」「ユダヤが」「メイソンが」「モサドが」ということになり、たいへんに盛り上がります。

辞職じゃつまんないので、小出刃で腹かっさばいちゃえYO。ピンチをチャンスに変えるんだ永田!サッカーシャツを着ろ!ドリエルを飲め!ポアで一つ上のステージに上がるチャンスだ!

某国のように

週刊現代2/25号に

世界初公開スクープ金正日「新妻・玉姫は42歳美女」

という反革命的な記事が掲載されております。この記事によると玉姫同志は身長160cm弱、化粧は薄く清楚で愛嬌のある女性でピアノも上手なんだとか。

玉姫同志は1月の中国訪問に同行し特別列車内で金総書記と一緒に寝起きし、車で移動する際にも常に隣に座っていたということです。

私はこの記事を見終わった後に「某国のように"新たな後継者"を登場させる神聖な儀式を執り行ったに違いない」と確信を深めました。

長男は偽造旅券行使で日帝にパクられ、次男はホルモン分泌異常で体が女性化。このままでは主体朝鮮の発展に大きな影響があると考えた将軍様が最後の手段に出たと考えるのが自然でしょう。将軍様のテポドンミサイルが玉姫同志の地下軍事基地に搬入されたのです。新たな先軍時代の到来万歳!万万歳!!といったところでしょうか。

ところで、この記事の中に非常に気になる部分があったので報告させていただきます。

-引用開始-
平壌郊外の江東にある「32号招待所」と呼ばれる金正日の別荘には、一周500mもあるローラースケート用トラックがあります。金正日はローラースケートを履いてトラックを走るのが大好きでした(以下略)
-引用終了-

笑顔でローラースケートに興じる金正日総書記の写真きぼんぬ。

肩書きが重要

批判、中傷の手紙を公開 イラク人質事件の今井さん
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060208-00000167-kyodo-soci

こいつから「元人質」の肩書き取ったらただのプーだもんなー。それにしても一体いつまで元人質で生きていくのかね。件のサイト見たら名前のところに「旅人のり」って書いてあって吹いちゃったんだけど、すげーよな旅人って。ブッ飛んでるよな今井君。

jong-il64

jong-il64ってCPUっぽくないですか?

というわけで今日は金正日将軍様の64回目の誕生日です。ここ最近変わったことをしないので私の朝鮮趣味も停滞気味ですが朝鮮関係の書籍はしっかりと購入しておりまして、つい先日もブックオフで宮塚教授の著書「北朝鮮の最新内部文書を裏読む」とかいうタイトルの本を発見し購入してしまいました。そこそこ面白いっすよこの本。

「自衛隊は違憲状態フェミ。非武装の日本を目指すフェミ。」という社民党宣言を見て、「こりゃ将軍様へのバースデープレゼントなんだ」ということに気がつくのに8秒ほどかかってしまいました。駄目ですな。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。