【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊新潮の北星学園記事

週刊新潮11月30日号
「愛国心強制はイヤ」女子中学生27人が「首相に手紙」の仕掛け人

一週間遅れになっちまったうえにたいしたことない記事でした。トホホ。

内容としては
■北星学園はイラクに自衛隊が派遣されたときも反対声明を出した。
■講演会で牧師が「愛国心は押し付けるものではない」「改正は時代に逆行する」と発言。
■関係者の話として「キリスト教系の学校では偏った思想、信条教育が行われていることが少なくない。北星学園は中高一貫だから教師に逆らうと進学できないこともある」

こんな感じでした。仕掛け人は牧師のようですが、くだらん。実に下らん記事だ。
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか 日本の教育 - ジャンル:政治・経済

学会員がオマニーを使って共産党攻撃。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

創価学会員の男性が共産党を除籍に
男性は党費の返還など求め、東京地裁に提訴

http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000002871

男性が共産党に入党したのは昨年末。訴状などによると、創価学会員であることなどが問題になり、今年7月下旬、党のメンバーから口頭で「8月末までに学会を辞めなければ除名になる」との通告を受けたという。

 その後、男性は電子メールで党側に“裁判で解決する意思”を伝達。共産党側は9月下旬、男性を除籍とする支部決定を承認した。

 男性は「共産党に入党したのは、その政治理念に共鳴したから。党の綱領にも規約にも、学会員であることが除名理由になるとは書かれていない」と主張。一方で共産党側は、20日に行われた初弁論で「除籍に至ったのは、男性が党内で創価学会の勉強会をしようとしたことや、裁判でこの問題を解決しようとしたことなどが原因」と反論している。



オマニーすごすなぁ。この記事書いてんの学会員ですぜ。メディアとしての中立性とかブッちぎりですなぁ。

で、この裁判なんですけど、おかしなことに原告の男性は党員としての地位確認をしているわけじゃないんですな。ただ単にカネを返せということで、これはちょっと臭うなと感じました。

確かに男性の言うように日本共産党は規約で学会員だということが即除名の条件になるとは書いていません。

しかし男性の行動が

■党内に派閥・分派はつくらない(日本共産党規約第三条の四)
■党の統一と団結に努力し、党に敵対する行為はおこなわない。(同第五条の二)
■党の内部問題は党内で解決する。(同第五条の八)
■党歴や部署のいかんにかかわらず、党の規約をまもる。(同第五条の九)

という規約にひっかかる可能性があります。日本共産党規約第五条の八を厳格に適用するなら、この男性が学会員じゃなかったとしても党内の問題を裁判で解決しようとしたということだけで除名の可能性があります。また、規約には除名されたら収めた党費は返還されるとは書いていません。

別に日本共産党の肩を持つわけじゃないですが、この件については日本共産党の主張は正しいんじゃないでしょうか。

それにしてもオマニーすごすなぁ(笑)そのうちサイトがまっ黄色になるかもしれません。

テーマ:ちょっとヤバいニュース - ジャンル:ニュース

調子に乗ってゲロッちまったニダョ。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

そこが知りたいQ&A-総聯中央委員会で何が決まった?
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/01/0601j1124-00001.htm

活動家らは、目標は必ず達成すると意気込んでいる。この間、厳しい状況下で勝ち取り積み上げてきた実績が大きな自信となっている。

 最近だけでも、10月1日に大阪城公園で中等教育実施60周年記念在日同胞大祝典を3万2000人同胞の参加のもと盛大に行った。そして、今後も民族教育を在日朝鮮人運動の生命線として守っていくという同胞らの気概と団結力を内外に強くアピールした。日本各地でも同様の記念行事が相次いで行われた。「民族教育の象徴」ともいえる最高学府の朝鮮大学校創立50周年も意義深く記念した。

 日本当局は、「万景峰92」号の日本入港禁止などの制裁措置によって祖国と在日同胞を引き離そうとしたが、意に反して多くの同胞、朝鮮学校生徒、学生らが空路を利用して平壌を訪問。7月の水害時には支援運動も展開した。



あるぇー?万景峰入港禁止で祖国訪問ができないニダ!って言ってたよな。

日本政府による「制裁」措置について 朝鮮総聯中央本部南昇祐副議長の談話
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/01/0601j1017-00003.htm

在日朝鮮人がターゲットになるこの筋違いの反人道的措置により、多くの在日同胞、特に高齢者や病弱な人々、身体障害者などは祖国訪問と肉親との再会を実質上断念せざるを得ない苦痛を強いられており、民族学校に通う朝鮮人子弟らの祖国への修学旅行にも多大な障害をもたらしている



21全大会を輝かしいものにするために熱く語ってみたら言わなくてもいいことをゲロッちまったニカ?

野党弱腰すぎ。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

国会:野党、22日から審議復帰
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/20061122k0000m010094000c.html

-引用開始-
野党が求めたいじめや履修不足、タウンミーティングのやらせ問題を審議する衆院予算委員会の開催は与党が拒否し、衆院教育基本法特別委で安倍晋三首相の出席を求めて3時間の集中審議を行うことで折り合った。これにより国会は1週間ぶりに正常化し、同法改正案は22日から参院特別委で審議入りすることになった。

 徹底抗戦を掲げて審議拒否に突入した野党だったが、19日の沖縄知事選敗北を受け戦術を転換した。審議復帰の条件に衆院予算委の審議や履修不足問題の政府調査資料などを要求したが、野党の「弱腰」を見透かした与党側が拒否。衆院特別委の集中審議も与党側が「できるだけ早く開催できるよう努力する」としただけで固まらず、参院審議日程にほとんど影響を与えない決着には野党内から「完敗」の声も聞かれた。【山田夢留】
-引用終了-

あれ?三つのうち二つ勝ったから意気消沈なんかしていないんじゃなかった?

福島に続く福岡の勝利は驕った与党、安倍内閣に対する有権者の厳正な審判じゃなかったのか?

与党がいない時は威勢のいいことを言っているが、いざ与党を目の前にすると「丸呑み」することしかできないヘタレ集団。野党が全て折れるのが野党共闘らしい。あまりのヘボさに清原の名言を思い出しましたよ。

『ケツの穴小さいわ。チン○コ付いてんのか。タフィもあきれてたわ』

タフィもあきれますよ、これじゃあ。

新潮キタ。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

まだ現物を入手していないので詳細は後日書きたいと思いますが、週刊新潮11月30日号で『「愛国心強制はイヤ」女子中学生27人が「首相に手紙」の仕掛け人』というナイス記事を掲載している模様です。人権侵害誌新潮のネタなんで期待しちゃいますよ。

記事が面白かった場合⇒新潮お買い上げ&詳細なエントリー

記事がつまらなかった場合⇒立ち読み&うろ覚えテキトーエントリー

という感じでイキます。

北星女子高生徒の行動力にも驚いた!

アカ教師に洗脳され生徒が総理に意見書を送ったら匿名の抗議が届いたとやらで大騒ぎになっている北星学園ですが、中学生に遅れをとってはならんということで高校のほうでもプチ赤旗まつりが開催された模様。

女子高生徒会が声明
教育基本法変えないで
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-11-20/2006112014_02_0.html

-引用開始-
「政府は教育基本法を改正しようとしていますが、私たちはこのことに大きな不安を感じると同時に、改正に強く反対します」―札幌市中央区の北星学園女子高校生徒会は十七日、「教育基本法改正に反対する声明」を発表し、安倍首相、各政党、参議院議長に送りました。

十五日に同高校で行われた教育基本法についての講演を聞いた三年の生徒が、「将来、教師になりたいけど改正されたら大変。何かできることはないか」と生徒会に持ちかけ、その日のうちに声明案を作成。

 十六日に全クラス(十九)で討議。生徒から「愛国心の強制は納得できない」「なぜ急いで変える必要があるのか」「憲法九条の改正につながるのでは」などの声が寄せられ、圧倒的な賛成で決議されました。

 声明は、「一人ひとりが自分らしく生きていくために、現在ある教育基本法を守るべきで、二度と戦争を起こさない平和な国であり続けるためにも、改正をやめるようお願いします」と改悪反対を求めています。

 生徒会役員の二年生は「教育基本法改正は憲法改正につながります。九条は絶対変えてほしくない。戦争はいやだから」と話しました。
-引用終了-

中学生の記事は北海道新聞に載っていましたが今回はしんぶん赤旗に載っています。北海道民医連とアカ教師とのつながりをCIAの工作員がネットにばら撒いたのが効いたようで、北海道新聞にすら載せることができないイデオロギッシュ記事だということがわかりまつ。

それにしても生徒たちの行動力はすげぇですなー。言ってることが共産党と全く同じだ(笑)学校で教育基本法についての講演を行った講師はどこのどいつなんでしょうか。改正⇒愛国心⇒戦争という単純な発想が趣味者にはタマリマセン。

こんなこと書くと怒られそうですけど、生徒全員女だからこういう扇動がうまくいくんでしょうな。男子校ならこうはいかないでしょう。「まれにみるバカ女」という言葉が脳内の踏切を通過いたしやした。

隊長、倭式ヘアスタイル恥ずかしくて。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

【野球】李がニット帽をかぶって帰国したワケ
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/17/20061117000050.html

-引用開始-
少し前、シーズン中管理してきた髪がかなり伸びたイ・スンヨプは、パーマでイメージチェンジをしようと思い、東京都内の美容室に行った。ところがどうしたことか。美容師は何を思ったのか、パーマの前にカットをするとし、どんどん切っていくではないか。日本では流行のスタイルかもしれないが、かなり短く、そのまま外を歩くのは気が引けるほどだという。ぼさぼさ頭のようにしておくのが、みすぼらしいことこの上なかったという。

 結局、イ・スンヨプはパーマスタイルをあきらめたのはもちろん、なかなか脱げないようなニット帽で隠して歩く方法を選ばざるを得なかった。

 イ・スンヨプは「自分で見てもあまりにひどく、失礼かもしれないが、このままでいるしかないので理解して欲しい」とし、帽子に手を触れた。
-引用終了-

そんな隊長にアドバイス。

ニット帽の中に凍らせたキャベツを入れれば韓日で大人気間違いなし。

というか隊長、パーマスタイルを止めさせようとした美容師の心遣いをわかって欲しくて。おこがましいですか。

動画ギザオモシロス。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

なんかすげー動画が公開されてますよ。

●5000人の国会前ヒューマンチェーン(2分38秒)2006/11/16up
http://vpress.la.coocan.jp/1116.wmv

号泣しながら道行く人たちに訴えている腐女子から始まる衝撃の動画。腐女子は感極まっているんですけど、道行く人たちはメチャメチャ無関心でその対比が最高に笑えます。

後半はおなじみのシュプレヒコールです。「またあらたな形態を生み出した」と自画自賛していたんですが、以前と変わらぬ糾弾風景は趣味者を安心させてくれます。こういうところは保守的な皆さんがステキです。

●朗読パフォーマンス「教育基本法シビレル」(3分21秒)2006/11/16up
http://vpress.la.coocan.jp/anzu.wmv

これは最高にヤバい。手と腰の動きが最高に気持ち悪いです。それ以上に表情がイッてます。限界です。この映像だけは「あらたな形態」であることを認めましょう。

沖縄社会大衆党委員長はえらい。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

浜四津公明党代表代行を告発
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-11-16/2006111604_02_0.html

-引用開始-
公明党の浜四津敏子代表代行が沖縄県知事選の応援演説で、日本共産党などが推薦する糸数けいこ知事候補を中傷し、事実に反するデマ宣伝を行ったことについて、「キラめく沖縄をつくる会」の喜納昌春事務局長(沖縄社会大衆党委員長)は十五日、「虚偽事実の公表は、選挙の公正と公平を侵害し、民主主義を否定する極めて重大な犯罪行為」として、「虚偽事実公表罪」で那覇警察署に告発しました。
-引用終了-

喜納昌春氏はきちんと法的措置をとるんだからえらい。週刊新潮に対して法的措置をとると言いながら何もしていないどこかの党の国対委員長鮎氏(仮名)は見習ってほしい。

半分

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

[AML 10432] ●○「ヒューマン・チェーン」(人間の鎖)第2波のお知らせ○●
http://list.jca.apc.org/public/aml/2006-November/010022.html

-引用開始-
8日の第1回目の「ヒューマン・チェーン」(人間の鎖)は、
2300人の人がつながり、地べたから湧き上がるような
怒りのコールが、国会を包囲しました。

激しい攻防戦が続いています。
一歩も引かないたたかいをやるっきゃない!!
1人が3人誘ってください!
第2弾は、1万人の「ヒューマン・チェーン」(人間の鎖)です。
-引用終了-

「やるっきゃない!!」という土井リスペクト風味の言葉や「1人が3人誘ってください!」というネズミ講の勧誘風味の言葉が最高にイカシている呼びかけですね。

で、結果がこちら

[AML 10529] 国会前ヒューマンチェーンに5000人
http://list.jca.apc.org/public/aml/2006-November/010119.html

-引用開始-
本日の教育基本法改悪法案の衆議院本会議強行採決に抗議し、参議院段階で教育基本法の改悪を阻止するためのあらたな運動の開始を決意する国会前ヒューマンチェーンは、5000人の市民や諸団体、労働組合などの人々の参加を得て、大きな、画期的な成功をおさめました。
-引用終了-

1万人のヒューマンチェーンと銘打ったものの集まったのは5千人。それでも「大きな、画期的な成功をおさめました」と自画自賛できちゃうんだから淑玉(すご)いですなぁ。

-引用開始-
運動が「国会前ヒューマンチェーン」という、一人一人の市民が自発的に参加し、連帯する、またあらたな形態を生み出しました。
-引用終了-

「人間の腐り」って大昔からあるけど、これが「あらたな形態」なの?とか言うのは野暮で無粋というもの。

政府与党も国会前に集まっている連中がプロ市民ばかりだから強行採決しても問題なしと判断したんじゃないでしょうか。国民的な反対運動に盛り上げることができなかった運動側の反省・・・なんてできるわけないか。

2周年でした。

11月14日で開設2周年でした。

三年目の浮気ということでタイトルも【鮎と】革命ごっこ【ビク】に変更。タイトルについては【オラオラ隣保隣保】革命ごっこ【セイヤセイヤ!】と激しい争いを繰り広げたということを付け加えておきます。

3年目を迎えるにあたって特に抱負などはありませんが、細く長く続けていければと思っております。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

衆愚政治へ一直線

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

民主、18歳選挙権など政策に
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061114AT3S1401T14112006.html

-引用開始-
民主党は14日、党の基本政策の原案作りを進める「政権政策委員会」(赤松広隆委員長)の会合を開き、重要案件についての国民投票と、選挙権年齢の18歳以上への引き下げを盛り込むことを決めた。
-引用終了-

面白いなー民主党は。議会制民主主義を軽視してるとしか言いようがないですなぁ。こういう政策が懐の寂しい会社員にウケるんでしょうな。そりゃあ主権だって共有したくもなる。

石原閣下の会見の重要部分を載せない朝日新聞。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

自殺予告:石原知事発言で追い詰められた 高2からはがき
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20061115k0000m040120000c.html

-引用開始-
東京都教育庁は14日、いじめ自殺に関する石原慎太郎知事の発言が「さらに自分を追いつめることになりました」などと書かれた自殺予告はがきが知事あてに届いたと発表した。差出人は「都立高校2年」とだけ記されており、同庁は各都立学校長に該当するケースがあれば連絡するよう指示した。

 はがきは98年の年賀はがきで、12日付の新宿郵便局消印。内容は知事の発言に触れたうえで、「一生どこへ行ってもいじめられるのはつらいので『死にます』」などと書かれていた。

 石原知事は10日の定例会見で「ファイティングスピリットがなければ、一生どこへ行ってもいじめられるのではないか」などと発言していた。【木村健二】
-引用終了-

うわぁこりゃひどい。タウンミーティングばりのプロ市民の「やらせ」の臭いがプンプンしますなぁ。

だいたい「死ぬ決意」を98年の年賀はがきに書くなんてどうかしてるだろう。年賀はがきは8年も大事にとっておくのに自分の命はあっさり捨てるのか。まったく意味不明。

どうせ共産社民朝日プロ市民団体日教組全教その他諸々が「石原は責任とるのか」といつものようにわめくでしょうが放っておいたらいいんですよこんなのは。自分で自分の命にケリをつけると言ってるんだから好きなようにやらせればいい。

問題の知事の会見はネットでもみることができますが(http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/ASX/m20061110.ASX)会見の内容(いじめに関する部分のみ)はこんな感じです。

■まず親が関与すべき。
■私は子供に喧嘩の仕方を教えた。
■自分で闘ったらいいと思う。堪え性がないだけじゃなし、ファイティングスピリットがなければ、一生どこへ行ってもいじめられるのではないか
■ただ一番陰湿なのが先生が子供をいじめることだ。そういう教師が得てしている。これは子供にとっても不幸なことだ。自分の子供がいじめられたときは校長に電話をかけていじめをやめさせた。

最後まで見ればわかりますが全然追い詰める内容ではないです。むしろいじめの解決策を提示しています。これで追い詰められる人ってどんな人なんでしょうか。国語2か。

いじめ問題でとくに時間を割いたのが一番最後の「先生が子供をいじめる」ってやつなんですが、これなんかは日教組全教は完全スルーでしょう(笑)朝日がスルーしてるんだから(http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000140611140001)。

この部分を無視して石原批判をやるんだから本当にタチが悪い。閣下を批判するならこの部分もしっかり触れることですな。できないけど。

私はこのはがきはいたずらと見ます。犯人はこの日の会見の最後の民主党小沢代表批判にファビョーンした民主党員、サポーターなんじゃないでしょうか。

マスコミもこんなくだらんことをニュースにしないで、会見の冒頭で石原閣下が都バスのバス停整備にからんで「フランスごときが生意気に」とガッツ溢れる発言をした部分を記事にしなさい。お蔵入りさせるにはもったいないぞ、あの発言は。

大人は忙しい。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

お知らせ
http://www5.sdp.or.jp/central/topics/ijime20061110.html

-引用開始-
きたる、11月14日(火)に予定しておりました「いじめ問題緊急ホットライン」は、国会情勢緊迫等により、延期させていただくことになりましたので、よろしくお願いいたします。
-引用終了-

『こっちは忙しいんだからいじめの件は「子どもの人権110番」にでも相談しろよ。』という社民党からのあたたかいメッセージ。

自殺予告手紙について考えてみる。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

さて、一騒ぎ起こっている文部科学大臣宛ての自殺予告手紙だがどうも気になる点がある。(全文はこちら)

「ぜったい先生をゆるさない。」とか「自殺といじめは因果関係があり教育委員は、いじめをしっていながらなにもしなかった。」とか「なにもしない教育委員会はいらないすぐに解散してください。」とか「教育委員会は、どこもニュースでやっているとおり同じです。ウソをついて自分のためだけにやっています。きゅうりょうどろぼうで自己中心でゆるせません。」とかが非常に臭う。臭いますゾィ。怪しさ爆発ですなぁ。

教育基本法改正を前に教育委員会や教師が無能なのだというのをアピールするための政府・与党の「やらせ」ではないか。教育改革タウンミーティングで「やらせ質問」が発覚したこともあり余計に臭う。

マスコミも子供が書いたと断定して報道しているがこれも怪しい。たしかに実物を見ると子供が書いたように見えなくもないが、こんなものは「知☆おくれ」にでも書かせれば簡単に作ることができるだろう。利き手と逆の手で書いたとも考えられる。

「豊」の文字が入った郵便局が取り扱ったという部分にも注目しなければならない。福岡の自殺生徒の遺族に武「豊」が色紙を贈っている。何かのサインとして機能している可能性がある。

堀江メール、穀田ラブラブメールに続く「2006年お騒がせメール三部作」の完結編がこの自殺予告手紙なのだ。

という陰謀論がなかなか出てこないので書いてみました。

(注意:このエントリーは完全にネタであり、私はこのような陰謀論を支持する者ではありません。)

器物損壊事件

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

神戸朝鮮初中級学校の表札に赤いスプレー 嫌がらせか
http://www.asahi.com/national/update/1107/OSK200611070095.html

-引用開始-
7日午前7時10分ごろ、神戸市中央区脇浜町1丁目の神戸朝鮮初中級学校の正門の表札(縦90センチ、横18センチ)2枚に赤色のスプレーのようなものが吹き付けられているのを、出勤してきた男性職員が見つけ、在日本朝鮮人総連合会兵庫県本部を通じて県警葺合署に届けた。同署は悪質な嫌がらせとみて、器物損壊事件として調べている。
-引用終了-

スペクタル社会人の私としては、スプレーを吹き付けたくらいで器物損壊事件として扱う兵庫県警の姿勢はいかがなものかと思う。

何が言いたいのかサッパリわからん。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

[文化・情報] 高円寺ニート組合が「家賃タダにしろ」と一揆(人民新聞)
http://www.jimmin.com/doc/0590.htm

-引用開始-
諸君、ちょっと考えてもみてくれ。我々はいつも苦しんでいるメシが何百円なのに、なんで荷物を置いて寝るだけのところに何万円もかかるんだ!?おかしいじゃねえか。高すぎる!

それに、敷金や保証金はまだわからないでもないが、礼金はどう考えてもおかしい!要するに「お礼」でしょ?「住まわせていただいて、ありがとうございます」という・・・。なんだそりゃ!ボロボロのアパートに住まわせといて礼もクソもねえ!ボロ屋を崩れないように維持してやるんだから、こっちが礼金もらいたいくらいだ!で、さらにおこがましいことに、「礼金一ヶ月」とか金額が決まってやがる!どうなってんだ、いったい!

世の中に期間貸しの商売はたくさんある。レンタカーやレンタルビデオを借りるときは「ありがとうございます!」と丁重に扱われるし、ホテルなんかに泊まったら、ドア開けてくれたり荷物持ってくれたり、大変なことになっている。駅前でヤフーBBに入ろうもんなら三か月分無料になったりする。しかし!家賃だけは違って、荷物は持たねえわ、一月分も負けないばかりか余分に何か月分か取られるわ、しまいにはこっちが大家さんのところに菓子折り持って挨拶にいったりするハメになる。踏んだり蹴ったりだ!!

・・・という事で貧乏人階級怒りのデモを行うことになった!
(中略)
移動居間作戦
これがすごい!今回のデモでの新兵器、移動式居間!要するに、畳一枚強の大きさの板に車輪を付け、ゴザを敷いてちゃぶ台や一升瓶を置き、人力で引く移動式の居間!この移動式居間は事前の宣伝のときにも威力を発揮し、ちゃぶ台の上で酒を飲みながら駅の改札前や居酒屋、オープンカフェなどに横付けし、注目を集めた瞬間に一揆を呼びかけるビラを撒きまくった!あまりのマヌケさに人が集ってくるので、ビラが一瞬でなくなってしまうほどだ!

こんな新兵器がデモに出現したもんだから、とりあえず大人気で、沿道の通行人も居間がうらやましいばかりにデモに混じってくるほどの威力だった!

交差点の真ん中では勝手にデモコースを外れて居間が疾走したり、警官が文句をつけてきたら、居間を警官隊に突っ込ませたりとすごい活躍ぶりだった!!デモを規制する警察としても、あまりのマヌケさに戦意を喪失し、「もうダメだこいつら」とつぶやいてる警察もいた!
(中略)
最近、ニュースでも「景気が回復してきた」とか「地価が上がってる」とかぬかしてて、普通に家賃を上げようというもくろみが感じられる!まったく、冗談じゃねえ!そもそも土地を誰かが持ってるってこと自体が間違ってる。どうせ戦後のドサクサで線引っ張ったような地面を「俺のだ」とか言い張って金をせしめようなど、どこのヤクザだ、いったい!

家賃をとるな!家賃をタダにしろ!!

-引用終了-

これはいったいなんなんでしょうか?サブカル系のイベントでしょうか。

冒頭は「家賃が高い」というお話でしたが、最後に「家賃を取るな」というお話に変わってしまいました。つーかこいつら期間貸しの商売の存在は認めてるんだよね。礼金払うのが嫌なら公営団地とか敷金礼金ゼロ物件を探せばいいんですけどねぇ。

それ以前に「メシは何百円なのに家賃は何万円」っていう比較がどうかという話ですが(笑)。家賃も日割り計算していただきたいんですけどできないですかねぇ。

こんなバカにも住所を与えてやっている大家は非常に偉いので、礼金でも保証金でもガッポリ取ってよし。

お前らいつからサッカーやってんだ。

アジアユース、南北ともに4強入りU-20W杯へ
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=072006110700100&FirstCd=05

-引用開始-
チョ・ドンヒョン監督率いる韓国代表は6日、インド・コルカタで行われた豪州戦で2対1で勝利し、準決勝進出を決めた。2002年、2004年に続く3度目の大会優勝に向け、1つ駒を進めた。北朝鮮代表も同日行われた競技で、2対0でイラクを下した。

 過去の世界ユースでは、1001年ポルトガル大会に南北統一チームで出場、ベスト8入りしたことがあるが、両代表がそれぞれともに出場するのは、来年が初めてとなる。
-引用終了-

936年に朝鮮半島が統一されているので統一朝鮮チームの結成は可能。

韓方医学はアジア最強。

韓国、7日に「はしか退治」宣言(朝鮮日報)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/02/20061102000005.html

-引用開始-
韓国が7日、はしか退治宣言をする。これは、韓国で発生したはしかウイルスによって患者が発生するのではなく、海外から入ってきたとしてもこれが伝染しないようにする段階のことで、「はしかの撲滅」とは区分される。保健福祉部と疾病管理本部は7日、ソウルのグランド・ヒルトン・ホテルで「国家はしか退治宣言国際会議」を開き、国家はしか退治宣言文を発表した。(中略)
日本と中国および東南アジアの国家は退治計画を樹立中であるか、まだ施行できずにいる。
-引用終了-

はしか退治ってアレでしたっけ、足の裏に名前書くやつでしょ。違ったかな、水が入ったお椀の上にお箸を十字に置くやつだったかな?牛の頭も関係があったような。

とにかく韓方医学はアジア最強ってことで。

不破氏は逃げずに出てきたね。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

週刊誌2誌の悪質な反共記事攻撃(笑)にも負けずに赤旗まつりに不破氏が登場しました。

ちょこっとだけ動画が見れますが聴衆が老人ばかりで笑える。パソコンのディスプレイを通して樟脳の臭いが伝わってくる感じがします。二千三百円(一般)のチケットと千五百円(学生と七十歳以上)のチケットどっちが多く売れたんでしょうか?

さて、冗談はこのくらいにして注目の不破氏の「科学の目」講座ですが、今回で三回目だそうでテーマが『いま世界がおもしろい』。

どうせなら『いま週刊誌がくだらない』というテーマでやれば、タイムリーだし週刊誌も注目したのにね。

週刊文春の悪質反共デマ攻撃もはねかえそう(笑)!

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

さて、次は週刊文春の「引退後も特権享受不破哲三は『赤い貴族』」です。こちらは3ページの記事で週刊新潮よりボリュームがあります。

それでは元議長の「貴族」ぶりをみてみましょう。

-引用開始-
小誌は、専属の料理人がいるいう神奈川・津久井の山中深くにある不破氏の私邸を訪ねてみた。(中略)
 不破氏が七加子夫人名義でこの土地を購入したのは昭和六十年。広さは三千二百六十五平方メートル(約九百八十八坪)。昭和六十二年には所有権がすべて不破哲三(本名の上田建二郎)氏に移転。広大な土地の上に、四棟の建物が建築され、その一つは書庫兼不破氏の趣味である郷土玩具の陳列室として使われている。
 問題はそのうちの二棟。木造二階建ての居宅および車庫の名義は、共産党の所有となっている。私有の土地の上に、党が建物を建てるという、極めて公私の別がない形になっているのだ。この建物に「不破氏の秘書、ボディーガード兼運転手、料理人が常駐していた」(党関係者)という。(中略)
 不破氏が暮らすのは津久井の山荘だけではない。山荘が都内から遠いため、東京渋谷にある通称「千駄ヶ谷寮」で暮らすこともしばしばだった。ここは共産党所有の最高幹部専用の施設で、不破氏らが宿泊するためのベッドルームもあるという。
-引用終了-

私邸なのに日本共産党名義というのがイカシています。共産主義的とも言えますが「不破さんが固定資産税払ってんの?」という疑問も出てきます。その辺はどうなんでしょうか。

次に、記事は不破氏の収入について

-引用開始-
 不破氏の国会議員時代の歳費は、引退するまでの数年間を見ると、約二千七十万円(平成十二年、十三年)、約千九百三十八万円(十四年)。共産党は、国の政党助成金を受けていないが、その活動経費の一部を議員や議員秘書の歳費などをカンパさせることで賄っている。(中略)
 不破氏は、平成十五年、党に約六百五十万円を寄付しているから、同程度の金額を歳費から差し引いたものが、給与所得だったと考えられる。
 実は、党内で問題視されているのは、歳費とは別の「雑所得」である。
 議員時代を見ると、約千十八万円(十二年)、約千六十七万円(十三年)、約六百五十九万円(十四年)とあるが、その内訳は圧倒的に印税と原稿料収入が多いという。(中略)
 国会議員を辞したため、平成十六年の党への寄付は三十八万九千円に激減。平成十七年十万八千円。。ところが平成十六年には十冊の単行本を出版、そのうち七冊が新日本出版社から出ている。定価の合計は約一万円。不破氏の単行本は最低でも三千部は印刷するというから、七冊で二万一千部、印税が六パーセントとしても千二百六十万円の収入を手にしていたと推測できる。
 これに加え、国会議員互助年金として、三十四年間衆議院議員を務めてきた不破氏は年六百万円ほどを受け取っているはずだ。共産党はこの年金制度を「非常に特権的」だと批判しているが、不破氏が年金を辞退した様子はない。さらに、年七、八百万円という常任幹部会委員としての給与などが加わるから、優に年収二千万円を超える。給与の遅配、欠配が続く地区専従職員とは雲泥の生活ぶり。まさに「赤い貴族」である。
-引用終了-

うひょ~。党への寄付は激減しているのに収入はそんなに減っていないことを暴露されてしまいました。平成十七年の寄付金額は月あたり九千円、携帯電話の料金なみです。

そしてシメは「あーせー江青」です。もしかしたらこの部分が一番面白いのかもしれません。

-引用開始-
 さらには、不破氏への批判で根強いのは、七加子夫人の政治介入だ。毛沢東夫人だった江青になぞらえて「あーせー江青(こーせー)」と言い出したのは、夫人を車に乗せることの多かった自交総連という労働組合の幹部だった。ある国会議員の元秘書は証言する。
 「議員が国会質問をを終えると不破さんの奥さんからよく電話がかかってきました。『質問はよかったけど言葉遣いが悪かった』などと感想を言うんです。議員にあれこれと意見を述べるのは当たり前でした。」
 不破氏の山荘に呼ばれた宣伝担当幹部などは、夫人から宣伝ポスターについて細々した指示を出され、その不満を地方出張の時などにしばしば口にしている。
-引用終了-

証言した「元国会議員秘書」がラブラブメールの早川氏だったら最高なんですけどどうなんでしょうか?さすがにそれはないですかねぇ。

日本共産党はこの記事に関してはノーコメント。しんぶん赤旗でもまったく触れていません。ラブラブメールについては事実無根、法的措置とると言ってるんですけどねぇ。事実すぎて抗議の余地無しなんでしょうか。

国対委員長の1ページ記事と元議長の3ページ記事でここまで対応が違うというのはどうなんですかねぇ。日本共産党風に言うと「逆立ちした対応」なんじゃないでしょうか。

週刊新潮の悪質反共デマ攻撃をはねかえそう!(笑)

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

いやぁ今週の週刊誌は非常にデキがイイですなぁ。

週刊新潮の「穀田恵二ラブラブ・メール」記事(約1ページ)&週刊文春の「不破哲三は赤い貴族」記事(3ページ)。この他に週刊現代の「池田大作勲章狩り」記事もあったりするわけですが。

まずは週刊新潮の「ラブラブ・メール」記事から。

国対委員長という重要な立場におられる衆議院議員穀田恵二氏と穀田議員のウグイス嬢の不倫疑惑を元秘書が暴露したというもの。

なんでもウグイス嬢が元秘書に「大変な鮎(穀田氏)へ」と題したメールを誤送信してしまい、後日穀田氏が「メールの件は墓場まで持っていってくれ」と泣きついてきたそうで・・・・

穀田氏は自身のwebサイトで記事を完全に否定しておりますが
http://www.kokuta-keiji.jp/column/nisshi/1162360075.html

-引用開始-
3、この記事の中身に関していえば「ラブラブメール」などと、あたかも特別な関係であるかのように報じているが、メールの内容は業務上の意見を述べたものである。
-引用終了-

業務上の意見を述べたメールで「鮎=穀田、ビク(魚を入れる篭のことね)=ウグイス嬢、ヤマ(京都市内の山中によく連れていったから)=元秘書」なんていう暗号を使うんでしょうか。

さらに、元秘書について穀田氏は

-引用開始-
彼は、私の地元の元秘書であった。今度の週刊誌の記事は、私が彼の日常生活の乱れをたしなめ、秘書活動のあり方の不十分さを批判したことを、逆恨みしてデッチあげた、陰謀的なものにほかならない。
 また彼は、市民道徳に反する、許されない腐敗行為に及んだことが明確になり党を除名された人物である。
-引用終了-

お~~~。力強いお言葉。

でも、もし不倫疑惑が事実だったら穀田氏が「市民道徳に反する、許されない腐敗行為に及んだことが明確になって党を除名」されちゃうね。

それにしても不思議なもので、週刊新潮を読んだあとで穀田氏のコラムのタイトル「こくたが駆(い)く」を見るとイヤラシイことを想像してしまうのはなぜなんでしょうか。しめつけチカンビーム(@千乃裕子)を受信しているせいなんでしょうか。

あ、そうそう。ウグイス嬢なんですが「民青のピチピチギャル」ではなく「47歳既婚」だそうでかなりガッカリしました。

まあ「47歳既婚」だからこそ「ビクの中に入ってくる鮎」の喩えなんでしょうけど。

スーパーキム



スーパーマリオ+金正日=スーパーキム

飢餓で苦しむ子供を無視して50点

六カ国協議を無視してこれまた50点

核爆弾を手に入れて「スーパーアトムキム」に変身

イラン、スーダン、イスラムテロリストとのマルチプレイヤーモード搭載

核爆弾と引き換えにアフマディネジャド似のおじさんからコニャックを貰ってゲーム終了

う~んコニャック!(←これ最高)

とてもよいしつけだ。

桂三枝が紫綬褒章「親孝行できた」
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2662568/detail

-引用開始-
大阪市内で会見した桂三枝は「大正10年生まれの母親がホンマに喜んでくれた。貧しい中、母一人子一人で育ててきてくれて、やっと親孝行ができたかなと思います」と喜びをかみしめた。
 宮中で行われる授章式では、天皇陛下から親授されるが「風の吹き込んでくる家で、小さいころから『いつか天皇陛下と一緒にご飯をいただく日が来るかもしれへん』と母にしつけを受けてきた。今になって改めて感謝してます」と笑った。
-引用終了-

いい話ですなぁ。これが中国、韓国と仲良くしなくていいと思っている(しかも圧倒的に)世代のしつけです。朴鐘珠も少しは見習ったほうがいいでしょう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。