【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度こそ1万人⇒3500人

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

懲りずにプロ市民連中が「人間の腐り」をやったようです。

呼びかけ文はこれ。

●○第3波ヒューマン・チェーンやります○● 

「なにが何でも、教育基本法の改悪を阻止したい!」
「今度のヒューマン・チェーンの予定はいつですか?」
との問い合わせが、多数入っています。

その熱い想いに答えて、下記のとおり
第3波ヒューマン・チェーンやりま~す。

例えば、国会に来れない地方の方、同日の同時間
に、それぞれの駅前とかで「改悪反対!」
キャンドル・ヒューマン集会などができるとステキかも。
全国各地がキャンドルでつながると嬉しいな~
「やってみよう!」という方、連絡し合いましょう!

教育基本法の改悪をめぐって、
国会では激しい攻防が続い
ています。
一歩も引かないたたかいを
やるっきゃない!!
1人が3人以上誘ってください!
第3波の「ヒューマン・チェーン」(人間の鎖)
今度こそ1万人大集合!
国会を人、人、人で埋め尽くそう。



今回も前回と同じ1万人が目標でしたが、結果は悲惨なものでした。

人間の鎖:教育基本法改正に反対し3500人が国会前を
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061207k0000m040101000c.html

教育基本法改正に反対する市民団体の呼びかけで市民ら約3500人が6日夕、東京都千代田区の国会前で「ヒューマンチェーン」(人間の鎖)に参加した。ろうそくを持った参加者が歩道を埋め、「愛国心の押し付けノー」「教育格差を広げるな」とシュプレヒコールを上げた。



前回:目標1万人⇒結果5000人
今回:目標1万人⇒結果3500人

誰がどう見ても後退しています。いったいどうしちゃったんでしょうか。日教組は3億円使い果たしちゃったのかな?

プロ市民活動にありがちなマンネリ化、シラケ化が進行しているんでしょうか。同じメンツが同じことやってりゃ盛り上がらないのも納得といった感じですが。

プロ市民連中は「与党を追い詰めている」とか言ってますが、追い詰められているのはどっちかな?
スポンサーサイト

わかってない。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

やっぱり頼りない? 民主サポーターが鋭い指摘
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/061201/skk061201005.htm

政権交代のため、民主党は何を強化すべきか-。こんなアンケートを党のサポーターにしたところ、「政権政党としての安心感」(46.7%)や「党の結束」(46.3%)といった回答(複数選択)が高率を占めたことが1日、分かった。身内からも「頼りなさ」を指摘されるという、なんとも寂しい結果だが、鳩山由紀夫幹事長は小沢一郎代表を「日本のオヤジ」とたとえ、頼れる政党への脱皮をアピールしている。
(中略)
鳩山氏は「わが党の戦うべきテーマが見えてきた」としているが、悲願の政権交代への課題として挙げられたのは「頼りなさ」の克服。鳩山氏も「かつて言われたバラバラ感を払拭(ふっしょく)することが何より大事。ある意味で、小沢氏が『日本のオヤジ』のようなイメージで、安心感を(国民に)与えることが肝要だ」としている。



今の日本人が「日本のオヤジ」という言葉に良いイメージを持っていると考えている時点で駄目なんですけどね。ハトポッポは何を考えてるんでしょうか。ここら辺の感覚のズレが政権をとれない理由なんですけど。

ウリふたつ

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

【社説】「主敵は米国」と主張する判事・検事予備軍を生んだ韓国教育
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/01/20061201000003.html

務部が今月21‐23日に司法試験の2次合格者1002人を対象に実施した面接試験で、一部の受験者から「韓国の主敵は米国」、「北朝鮮の核は韓国にとって脅威とならない」、「南北和解時代の今、北朝鮮が南侵(韓国への侵略)を行う可能性はないため(韓国に)軍隊は必要ない」といった回答が飛び出したという。

 「(外交関係において韓国がまず解決すべき課題は)米国との関係を清算すること」、「(韓国の主敵が北朝鮮ではなく米国だとした)姜禎求(カン・ジョング)氏を検察が起訴したのは誤り」という回答もあった。ある審査委員は「8割近くの受験生が明確な国家観を持っておらず、衝撃を受けた」と語った。韓国の判事・検事・弁護士予備軍の80%もの人々に「適切な国家観が欠如している」というのだ。

 大韓民国のエリート集団の国家観がこうした状況に陥ったことの責任は、彼らの教育を受け持ってきた政府と学校にある。

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は、2004年の国防白書で10年前から消えたことのなかった「北朝鮮=主敵」という概念を外した。そして大統領自身が「北朝鮮の核は自衛用だ」、「北朝鮮の核には一理ある」と北朝鮮の肩を持った。法務部長官は、大学教授として大学の内外で極端に北朝鮮寄りの言動を行ってきた姜禎求氏の逮捕に待ったをかけ、むしろ検察総長を更迭した。

 政府が率先して若者たちの国家観を揺るがし、親北朝鮮、反米の雰囲気をあおったのだ。

 学校にも責任がある。1990年代の初めから全国の学校に影響力を及ぼしている全国教職員労働組合(全教組)は、北朝鮮の「先君政治万歳」というスローガンが書かれたポスターを教室の環境美化用に使うようインターネットで広報した。ある全教組所属の教師は、生徒に国旗への敬礼や兵役の服務を行わないようそそのかした。

 全教組は「イラクでイラク軍人6000人が降伏したが、米軍によって生き埋めにされた」という事実無根の主張を盛り込んだ「反戦授業資料集」を制作して配布した。こうした全教組の十数年にわたる「親北朝鮮・反米の洗脳教育」の「成果」が司法試験の面接にまで現れたのだ。

 司法試験こそ、こうした形で受験生の国家観を確認する制度を備えているものの、行政試験・外交官試験といった他の公務員試験にはこのような検証制度が存在していない。大統領は自身の理念にあった人物を大統領府秘書官として任用しており、国会議員や地方議員などの選挙制度にも国家観を検証する制度はない。それどころか、こうした問題が顧みられることもないのが今の大韓民国の現実だ。

朝鮮日報/朝鮮日報JNS



なんとも恐ろしいですなー。韓国の全教組も日本の日教組もやってることはほとんど同じ。まさに「<丶`∀´>ウリふたつ<丶`∀´>」。

日教組や全教の連中は「なぜ教育基本法改正を急ぐのか」とかぬかしてますが、一刻も早く変えないと韓国のような国になるから変えるんだと言ってやればいいでしょう。

やっと告訴

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

穀田議員、『週刊新潮』を告訴
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-11-29/2006112902_06_0.html

日本共産党の穀田恵二国対委員長は二十八日、同氏を誹謗(ひぼう)・中傷した『週刊新潮』十一月九日号の記事について、同誌編集長と記事作成者および事実無根の情報を提供した「早川幸男」ら三人を、名誉棄損罪で、東京地検に告訴し、被告人らを厳重に処罰するよう求めました。



発売から4週間経ってようやく告訴に踏み切ったようです。鮎氏の反転攻勢が吉とでるのか凶とでるのか・・・。

場合によっては告訴を待っていた週刊新潮が「新ネタ」を出して鮎氏の息の根を止めてしまう可能性もあります。今後の新潮の動きにも要注目といったところでしょうか。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。