【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エセエコロジー

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

ゆうPress
GO豪快な GO号外で!!
温暖化防止
地球を救う“やさしい一歩”


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-18/2007061810_01_0.html

 印刷、配送、宣伝の費用をすべて募金でまかない、全国のメンバーが配布します。温暖化の予測を漫画で分かりやすく伝えたり、憲法九条を世界に広げ、最大の環境破壊である戦争をなくすことなども提案しています。

 全国各地で、夏至から三夜にわたり電灯を消して環境問題を考える「百万人のキャンドルナイト」に向け、中旬から号外を配り始めています。

 企画はユニークな遊び心に満ちています。号外の配布を取り仕切る市町村のリーダーは「虹の天使」。百万円の募金集めを目標に掲げる人は「百万番長」と、互いを呼び合います。

 各テレビ局前で宣伝をしたり、渋谷の街中で人目を引くダンスパフォーマンスをしたり。メンバーたちは、自分の住む地域で自主的にアイデアをしぼり行動します。

 東京都品川区の「虹の天使」を買って出たのは、大学二年生の中里弥生さん(19)です。百人以上の友人から募金を集め、週五日行う駅前での宣伝にも参加します。「CO2って先進国に住む私たちにしか削減できないんです。だって、もともとエコ生活している途上国の人たちには減らせないでしょ」

 中里さんは、むだを省く生活を心がけ、レシートも捨てずにメモ用紙に使っています。「数十年後の子どもたちには、アザラシやホッキョクグマが、私たちにとってのマンモスになっちゃうかもしれない」。あふれる思いを友人に伝え、仲間を広げています。

 「好きだもん、地球が」。大学で野生動物学を学んできた椎野綾さん(21)は、中里さんから企画の趣旨を読み聞かされた瞬間に、「あっ、やるっ」と参加を即決しました。元来、生き物が好きな椎野さんにとって、環境保全は「関心事」を超えて「生き方の問題」です。カバンの中には「マイ箸(はし)、マイボトル」を忍ばせます



環境環境言ってる奴らにロクなのがいないのはどうしてなんでしょうか?

途上国の連中がエコ生活してるなんてどこの誰が広めたんでしょうか。こんなのは真っ赤な嘘です。焼畑農業で森林を破壊し、燃費の悪い旧式の自動車を走らせて大気を汚染し、内戦で殺し合いをする。これ全部途上国で行われていることですよ。環境を破壊しまくっているのは土人連中です。大学二年生の中里弥生さんは反省汁!

「マイ箸、マイボトル」でエコを気取っている椎野綾さんも反省が必要です。最近マイ箸やマイボトルを流行らせようとしている謎の組織が蠢いているようですが、素材が思いっきりプラスチックだったりして笑えます。「お前それ石油製品じゃねぇか」っていう突っ込み待ちなのかもしれませんが私にはお笑いのセンスが無いので高度なボケは理解できません。「マイ箸、マイボトル」は繰り返し使うのでその都度洗浄する必要があります。洗うときには当然水と洗剤を使います、この時点でエコロジーではないと思います(環境に優しい洗剤を使ったとしても)。マイボトルにペットボトルのお茶や紙パック入りのジュースを入れてたら省資源化にはなりません。こんなものがエコロジーにつながると信じているのが大学生なんだから困ったものです。

こういう純粋な大学生を洗脳しているのがTEAM GOGOという団体です。http://www.teamgogo.net/

サイトで号外をダウンロードすることができるのですがhttp://kibou.main.jp/gogo.htmlこれがまたトンデモなんですよ。

ヘタクソなマンガでは「埼玉のあたりまで水没する」「海面が5メートル上昇」などのセンセーショナルなデータばかりを使って不安をあおります。ipccの3次報告書では西暦2100年までに30cmから1mの海面上昇が起こると報告されているのですが、そんなデータではインパクトがないのでこのマンガでは無視されています。ウォーターワールドのような世界になるぞーと言えば愚民どもはコロッと洗脳されるのでデータの最大値の部分だけを切り取ったほうが都合がいいのです。

マンガ以外にもトンデモな部分があります。号外の印刷で排出されたCO2を植林で相殺するカーボンニュートラル大作戦というやつです。この号外に限って言えば印刷以外にも輸送や配達時にCO2が出ているのですがそれは無視しちゃうんでしょうか?また○○本植えたからチャラになったというデータとか木が枯れちゃったらCO2を排出するということは考えていないのでしょうか。そもそも「植林するんだから紙資源を大量に使ってもいいだろ」という考え方は正しいんでしょうか。

文句ばかり長々と書いてきましたが、ひとつだけ気に入った部分があります。それは、多額の募金を集めると宣言した人に「百万番長」という称号を与えることです。カネを集めた奴が偉いという永田町でも通じる理屈を環境問題に持ち込んだのは評価できます。こういうむき出しの資本主義は本当にステキですね。
スポンサーサイト

さすが朝日、ペンキも赤い。

読売新聞販売店にペンキまき散らす 朝日配達員を逮捕

http://www.sanspo.com/sokuho/0614sokuho023.html

 大阪府警豊中署は14日までに、読売新聞販売店にペンキをまき散らしたとして建造物損壊と器物損壊の疑いで、同府吹田市、朝日新聞配達員小幡和弘容疑者(65)を逮捕した。

 小幡容疑者は「自分の配達区域で、配った新聞が引き抜かれることが多い。読売の仕業だと思い、許せないのでやった」と容疑を認めている。

 調べでは、小幡容疑者は5月18日午前2時20分ごろ、量販店で購入した赤色のペンキ約3リットルを、大阪府豊中市にある読売新聞の販売店で、シャッターや外壁、近くに止めてあったバイクなどにまき散らした疑い。

 同販売店は「読売が新聞を引き抜いたりする事実は一切ない」と話している。



さすが朝日新聞。朝日に悪さをする奴は読売と決め付ける。これが朝日脳です。ペンキの色が赤いところもステキですね。

まー大阪なんで新聞を抜いていたのは○○人なんじゃないでしょうか。



情報保全隊の業務はアウトソーシングで。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

さて、多少乗り遅れた感はありますが日本共産党が送る久々のヒット作「自衛隊の情報保全隊の情報漏えい問題」について書いてみます。

詳しいことは本家日本共産党のサイトを見てもらえばわかりますが
http://www.jcp.or.jp/tokusyu-07/19-jieitai/

感想としては「期待はずれ」「騒ぐほどエグイ資料じゃない」といったところでしょうか。個人的には組織の構成人数から住所氏名勤務先、活動歴から性癖まで書いていて欲しかったのですが、どこの団体がどこそこでデモった。そしてこんなビラを撒いたとか、いたって普通のことしか書いてませんでした。ガッカリですよ本当に。

共産党がいつこの資料を入手したのかはわかりませんが、たいした資料じゃないことがわかっているので選挙前のこの時期に出してきたのでしょう。小ネタで何とか盛り上げようと志位自ら記者会見を開き「憲兵の復活だ!」とか言って煽るしかないんです。だって「盗聴や尾行など明白な違法行為は無い」「検察、警察当局に告発しない」んだから。

今後共産党がどれだけ盛り上げてくれるかはどうでもいいとして、今回の騒動で疑問に思ったのは、これくらいの情報でいいのであればアウトソーシングでいけるんじゃないかということです。

何月何日何時からどこそこの団体が集会を開きました。そこではこういう発言があり、ビラが撒かれました。最後に○○とシュプレヒコールをあげて終了。参加人数は何名だった。あとは何枚か写真を撮ってビラがあればそれをゲットして報告すればいい。これは本当にオイシイ仕事だ

1回の集会・デモの基本報酬が3000円くらい、あとはビラ手当て、映像手当て、写真手当て等を加えれば十分仕事して成り立つのではないでしょうか。駐車違反の取締りも民間に委託している現代、情報保全隊全員は無理だとしても1割2割はいけるんじゃないかと思います。税金を効率よく使うためにも民間の情報保全隊員を導入しましょう。

私は全面的に協力いたします。

思いっきり美化してるんですけど。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

[AML 14167] イラク侵略の本質が見えるビデオ

http://list.jca.apc.org/public/aml/2007-June/013714.html

 たろじいです。非常にわかりやすいビデオが公開されています。

ISI: MAN VS TANK ... Who will win ?
http://www.liveleak.com/view?i=303_1180563288

 ISI は Islamic State of Iraq を自称するグループで,一部のメディアでは「アルカイダ系」とも報道されていますが真偽はわかりません。そもそも「アルカイダ」が組織として実在するのかどうかも疑義があるくらいですから。

 わたしは武装闘争を美化するつもりはありませんが,米英日のイラク侵略の本質が非常にわかりやすく見えるビデオであると感じます。侵略者であるがゆえに,軍用車両をつらねて大道に姿をさらさないわけにはいかず,目の前のイラク人に至近距離から爆弾を投げつけられている姿は悲惨でもあります。
 それに対して,武装勢力側のアラビア語の文字や音声のメッセージ,映像処理,音楽,そして実際の戦闘場面での彼らの力づよい機敏な動作や「アッラーフアクバル!」の叫び声には,歴史的戦争を戦うイラク人の怒り,誇り,勝利への強い自信が高揚しつつあることが感じられ,アメリカの敗色が決定的になっていることがわかります
 このような不正義の侵略に自衛隊を派遣して協力している自民党と公明党に深い失望と警戒心を持たないではおられません。あなたの近くの自民党と公明党の議員や活動家に聞いてみませんか?「イラクから自衛隊はいつ手を引くのですか?」と。ちなみに公明党の活動家に聞いてみたところ,答えは「公明党は関係ない!」との断言でした。



お前これ以上ないくらい武装闘争を美化して賞賛してるだろwwww

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。