【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津波被災と自己責任論ってまだ続けるの?

アホ記者が耐えられなくなってトンズラかました騒動が別の場所で続いている。

騒動の発生地である素晴らしき世界については
カレーとご飯の神隠し
http://blog.livedoor.jp/f_117/archives/11751329.html

電脳遊星D
http://planet-d.hp.infoseek.co.jp/matome/2005/southpart.html

に詳しく書かれています。また西村幸祐氏もこの件について日記を書いていますhttp://www4.diary.ne.jp/user/401628/#1104862822

で、いまだに続いている自己責任論はこちら
http://terutell.at.webry.info/200501/article_1.html

-引用開始-
2004年4月のイラク人質事件の被害者は、自分が戦闘に巻き込まれて殺されることがあるかもしれないとは覚悟していても、まさか日本政府に自衛隊撤退を要求するための人質にされるとは思っていなかったし、そんな要求を出す人質事件が起こるとは、日本の誰も予測していなかった。
2004年12月のインド洋大津波の被害者も、まさかそんな大津波が来るとは思わなかったし、被災各国当地の人々も、思いもしなかった。
だから、その意味で、イラク人質事件の被害者も、インド洋大津波の被害者も、本質的に、同列であります。
-引用終了-
あきらかに危険な地域で事件に巻き込まれることと、安全な場所で天災に巻き込まれることを同列に扱っている時点でおかしい。本質的に全く違うものを同列に扱うからトンデモ理論になるんだよ。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/01/08(土) 06:38:46 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

津波被害に関して

別件です。
津波が発生してから一週間以上経過しているにも関わらず、国連がいかにおかしいかって記事が出てます。

以下、外交官のblog
http://diplomadic.blogspot.com/2005/01/almost-funnny.html
エキサイトの機械翻訳でも大体意味が分かります。
http://www.excite.co.jp/world/english/web/

  • 2005/01/08(土) 21:11:47 |
  • URL |
  • ろんど猫 #-
  • [ 編集]

情報ありがとうございます

国連の官僚的行動を批判する記事といったところでしょうか。国連の人も五つ星のホテルがお好みのようで。

被災国支援の枠組みが中核グループから国連主導になったわけですが、ミャンマーのように国連の調査を制限している国にどれだけの支援ができるのかも今後の課題でしょう。

  • 2005/01/09(日) 04:18:49 |
  • URL |
  • 管理人 丸楠 零人 #RH9dq046
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/104-4e25e585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。