【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷信漬け

消防防災庁のタブーは「赤いネクタイ・犬肉」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/01/13/20050113000060.html

-引用開始-
赤いネクタイは火を連想させるため、この機関の職員は結ばないというのが不文律。

 「補身湯(ポシンタン、犬肉を使った辛い鍋)を食べない理由は建設業界の慣行に影響を受けたとされている。建設業界では大型工事を進める際、犬や鹿を殺さないのはもちろん、中心的責任者は犬肉を食べないという習慣がある。犬肉は事故を呼ぶという迷信のためだ。

 姜昌求(カン・チャング)ソウル市・地下鉄建設本部長は昨年、職員とのある集まりで、「特にトンネル工事が進められている時、関連職員は犬肉を食べない方がよい」と話した程。

 建設業界では安全に関する教育をする際も“事故”という言葉は絶対に口にしない。韓国には“言葉が種になる”ということわざもあることから、「事故を予防しよう」と言う代わりに、「ヘルメットと安全ベルト(高い所で仕事をする時、腰に縛るベルト)を必ず着用すること」と教育する。

 消防防災庁の一部の職員は、毎年はじめに江華(カンファ)島・摩尼(マニ)山へ行き、豚の頭などを供え、災難がないようにと祈る祭祀を行う。
-引用終了-
韓国では現在でも様々な迷信が生きています。昔の迷信については
http://photo.jijisama.org/igaku.htmlで紹介されています。「言葉が種になる」って凄い諺ですね。慰安婦とか収奪とか謝罪とか賠償とか半万年とか狂ったように叫んでいるのはこの諺があるからでしょう。豚の頭を供える祭祀というのも土人っぽくていい味を出しています。

-引用開始-
消防防災庁のナム・トクウ広報担当官は、「幾つかのタブーや告祀儀式は、迷信を信じているためではなく、火災など各種の災難を最小化するために職員が誠意を尽くすという意味」と話した。
-引用終了-
迷信を信じているようにしか見えません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/110-be643efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。