【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局中身は外国製なんだよな

「混ぜて合体させて…」 韓国式“ビビンバ製品”が世界リード
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/03/20050303000077.html

-引用開始-
サムスン電子が元祖となったカメラフォン(携帯電話+デジカメ)の場合、国内で30万~100万画素クラスの製品が普遍化して久しい。

 画素数が多ければ多いほど精密な写真を撮ることができるが、昨年末には500万画素クラスのカメラフォンまで登場した。海外では100万画素のカメラフォンがようやく「最先端の携帯電話」として宣伝されている。

 LG電子は100万画素のカメラを搭載したMP3フォンを今年から米国の移動通信業者Verizonを通じて販売する計画だ。同製品の国内向け販売は昨年3月に始まっている。このようにカメラフォンの場合、国内と海外では発売開始時期に約1年の開きがある。
-引用終了-

偉そうなことを言っていますが、中身の大部分は外国製品という悲しい現実を忘れてはいけません。

見かけだけ大きくなった韓国の部品産業
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/01/20050301000056.html

-引用開始-
しかし、IT業種は中核技術力の欠如によって、輸出で得た収入のほとんどを中間材料輸入に使ったことが分かった。現に半導体、LCD、携帯電話部品の輸入中間材料の割合は90年の37.1%から00年54.8%へと急増したことが分かった。なかでも半導体は昨年の輸出額が229億6000万ドルとなったが、半導体および製造装備の輸入額は248億6000万ドルとなった。

 こうした構造の問題で、IT業種の輸入誘発係数(1つの製品生産に必要な輸入中間材料の割合)は0.47から0.55となり、日本(0.13)の4倍にもなった。研究院側は「こうした構造によって部品産業が、輸出の国内波及効果をそぎ落とす要因となっている」と述べた。
-引用終了-

売れば売るほど対日赤字が増えていくという悲惨な現実が存在しているですが「韓国が世界で初めて○○を発売!」という言葉に弱いので、この構造から抜け出すことができません。

-引用開始-
サムスン電子は2001年、世界で初めてDVDプレーヤーとビデオ再生機(VTR)を結合した「コンボ」を開発し、国内外市場で「大ヒット」を飛ばした。

 その後、「デジタルビデオ+デジカメ」、「コピー機+プリンター」、「テレビ+冷蔵庫」、「エアコン+空気清浄機」など複合製品の国内販売が相次いだ。
-引用終了-

韓国メーカーが作ったデジタルビデオ+デジカメの複合機はレンズが2個付いているという驚愕のデザインで話題になりまりた。光学系を統一する技術力が無いためデジカメとデジカムのレンズが分かれているんですよ。結局ただ単に2つの製品を合体させただけで革新性も何も無いんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/162-0f5b7529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。