【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の偉い感じの人達がノムの暴走を心配している

【中央日報】

社説-大統領は一歩控えよ
http://japanese.joins.com/html/2005/0323/20050323183127100.html

-引用開始-
大統領は、外交の最終決定者だ。そのため、やたらと前面に立っては負担が大きく、間違いを犯した時には取り返しが付かない。
-引用終了-

社説-外交に外交部が見えない
http://japanese.joins.com/html/2005/0324/20050324185500100.html

-引用開始-
当然支援を受けるべき大統領が外交部を排除していることには何か理由があるはずだ。この点について責任意識を感じなければならない。このような非正常的な政策決定過程は是正されるべきだ。この国は大統領個人が統治する国ではない。
-引用終了-

【朝鮮日報】

社説-国民と共に考えてみるべき盧大統領の同盟観
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/22/20050322000073.html

-引用開始-
「これまで大きく成長した韓国の国力」を掲げ、この地政学的火山帯の中でまるで韓国に決定的役割ができるかのように考えることははいかにも勇敢な発想ではあるが、国家の存立という面では危険この上ない試みだ。
(中略)
大韓民国の安危と4800万国民の生死に直結する既存の同盟の破棄や離脱の是非は大統領一人の判断に任せるには余りにも重い問題だ。政府は一日も早く冷徹な理性を取り戻すべきで、国民はそれを促し監督する責務を果たさなければならない重大な時だ。
-引用終了-

社説-大統領が表舞台に立つ外交に対する懸念
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/23/20050323000071.html

-引用開始-
世界のどんな国でも外交懸案が生じる度に大統領が自ら外相の役割を代行するケースはない。それがいかに危険な行為かをよく知っているためだ。国家間の異見や葛藤は実務ラインを通じて表明することが外交の基本だ。相手のいる国際関係で、自らの意志を100%貫くことは不可能なだけに、国家の首脳が前面に立って一度発した自分の発言を覆す状況になれば、国家の威信が失墜するためである。
-引用終了-

社説-外交部も知らないうちに決められる外交政策

-引用開始-
大統領は外交部の政策的見解を気にせずに、自分の思い通りに最終決定を下す権限がある。しかしそれに先立つ政策構想や協議段階では、それが自らと異なる見解である程十分に耳を傾け、自分が見過ごした点がないか、緻密に点検するのが国家安保の最終的な責任を持つ大統領の姿勢だ。
(中略)
盧大統領が本当にこの戦いの真のスタートを切ろうと考えており、この戦争で勝利することを望んでいるならば、仮に自分と政策的見解が異なっても大韓民国の外交力を総結集しなければならない。こうした面で今回、大統領が対日宣言決定過程で外交部を排除した行為は賢明ではなかった。
-引用終了-

盧大統領の「外交独走」、その得失は?
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/24/20050324000047.html

-引用開始-
陳昌洙(チン・チャンス)世宗(セジョン)研究所日本センター長は「大統領が超強硬発言をすれば、国家間の外交における選択肢が狭まる」とし、「今や日本が韓国に肯定的な政策を取ろうとしても盧大統領に屈服したという批判が出ることを恐れ、望ましい政策が出る可能性がかえって減った」と述べた。

 ソウル国際大学院の朴熙(パク・チョルヒ)教授は「国内政治的には、確かに効果があるかも知れないが、実際日本において、われわれが期待する効果を上げるかどうかは未知数」と述べた。
-引用終了-

「盧大統領は先走り過ぎた」 対日強硬発言に批判の声
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/24/20050324000030.html

-引用開始-
李鍾贊氏は24日、CBSのラジオ番組『ニュースレーダー』に出演し、盧大統領が23日、日本の領土権侵害と歴史歪曲を根絶するといった立場を発表したことについて、「大統領が黙って見ることができない状況ということは理解するが、自ら前面に立つ問題ではないと思う」とし、「日本へのけん制のため、より多くの国の共感を得るために(強硬な)発言を行うべき時期ではあるものの、だからといって大統領が直々に乗り出すのは、少し先走り過ぎではないかと思われ残念」と述べた。
-引用終了-


ごく一部の方達が大統領の言動が暴走気味であることを心配しているようですが、泣く子は餅をひとつ余計にもらえる精神で爆走する大酋長様の耳には届かないでしょう。もちろん私は「ブレーキが壊れた現代車」ノムの爆走を革命的に支持します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/184-9ba10f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぺ・ヨンジュンが愛国表明

   裴勇俊表?国 望主???无?日??系 (ぺ・ヨンジュンが愛国を表明 主権問題が日韓関係

  • 2005/03/30(水) 20:18:27 |
  • うねり

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。