【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやー共産党も大変だね

暴力集団の“泥合戦”
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-05-18/05_01_0.html

-引用開始-
憲法改悪反対の世論と運動が高まるなかで、憲法問題での共同のとりくみや平和運動に、各地で「とめよう戦争への道!百万人署名運動」や「憲法9条―世界へ未来へ 連絡会」(「9条連」)、「報復戦争に反対する会」などを名乗る団体が潜りこんできています。これらは一体どんな団体なのか、見てみましょう。

(中略)

「中核派」は、「9条連」について「カクマルが、にわかに『改憲阻止』なるものをペテン的に掲げてうごめき始めている。『憲法九条―世界へ未来へ連絡会(九条連)』を押し立てて『改憲阻止』をわめいているのだ」(機関紙「前進」二〇〇〇年七月三十一日号)と非難しました。

 また「『報復戦争に反対する会』はカクマルの偽装団体だ!」「この会は、9・11反米ゲリラ闘争以降に、カクマルによって作られた」(「前進」〇二年六月十日号)などと書いてきました。

 一方「革マル派」は、「『百万人署名運動』を隠れ蓑として組織的延命を図ろうとする中核派の陰謀」(各地で配布したビラ)と宣伝してきました。

(中略)

市民団体を装って憲法運動に接近する「中核派」「革マル派」は、まじめに憲法改悪に反対する立場に立っているのではありません。その最大のねらいは、日本共産党の打倒であり、民主的な運動のかく乱・破壊です。

(中略)

数千もの市民の命を奪う無差別テロは、どんな理由や背景があろうとも絶対に許されない卑劣な犯罪行為です。それを賛美するのは、彼ら自身がこの日本で「内ゲバ」殺人を重ねてきたことからも明らかなように、陰惨なテロ体質をもっているからです。テロ賛美の姿勢に「中核派」「革マル派」の暴力集団としての本質が露呈しています。

 憲法改悪反対の国民的共同を広げるためには、これらの集団の本質を明らかにし、その策動を許さないことがきわめて重要です。
-引用終了-

いやー共産党も大変ですな。護憲を掲げつつ護憲を掲げる極左暴力集団(笑)とも闘わなくてはいけないんですからね。

つーか共産党が元祖極左暴力集団(笑)なんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/214-140be7a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平和憲法反対論の源流

 今では国民の大半の信仰を集める平和憲法ですが、これが憲法案として検討された19

  • 2005/05/22(日) 12:58:22 |
  • Peace Powers!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。