【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサピーは今でもヒデが大嫌い

アサピーがネチネチとヒデを攻撃中。

中田英、「前に行けねえ!」 激しく言い争う場面も
http://www.asahi.com/sports/update/0604/072.html?ref=toolbar

-引用開始-
「そうしたら、前に行けねえじゃねえか!」

 中田英の怒声がグラウンド脇まで聞こえてきたのは、1日の紅白戦。福西と守備の連係について話をしている時だった。外からみる限り、二人の考えは一致しなかった。

 中田英は三都主にも何か主張した。しかし、言い返す三都主の表情からすると、やはりかみ合わないようだった。

(中略)

練習前のひととき、選手がいくつかのグループに分かれて遊ぶ中、ヒデは一人で球と戯れている。
-引用終了-

ひどい記事ですなあ。アサピーは「あの事件」以来ヒデが憎くてたまらないようです。

伝説のあの事件
http://www.asahicom.com/soccer/

ちなみに他紙はこんな記事ですよ

ボランチ中田がキラーパス連発/W杯予選(ニッカン)
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/f-sc-tp3-050604-0005.html
-引用開始-
後半25分に警告を受け、累積2枚で8日の北朝鮮戦に出場できない。それでも「みんな高いレベルを持った選手ばかりなので、こちらの試合ができれば(W杯出場が)決まる」と自信のコメントを残した。
-引用終了-

川淵会長、中田英を絶賛(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20050604006.html
-引用開始-
守備的MFの位置で攻守に好プレーをみせた中田英については「みんなに相当細かく指示を出していた。本当のリーダーだね」と存在の大きさを絶賛した。
-引用終了-

中田 北朝鮮戦出場停止も執念プレー(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2005/06/04/02.html
-引用開始-
合流初日の紅白戦からメンバーを怒鳴りまくった。相手のカウンター対策を練習していたDFラインとは明らかに意識のズレが生じていた。大声を張り上げていた。その姿は全員に、勝つという気持ちを注入するようだった。
-引用終了-

日本勝った!!前半34分小笠原弾!ついにドイツへ王手(サンスポ)
http://www.sanspo.com/soccer/top/st200506/st2005060401.html

小笠原とヒデが抱き合う写真を掲載。

日本、緊急1トップ不発ヒデとかみ合わない(中日スポーツ)
http://chuspo.chunichi.co.jp/00/soccer/20050602/spon____soccer__000.shtml
-引用開始-
紅白戦開始前のアップの時には、誰とも話さそうとしなかった中田が、前半終了と同時に小野に歩み寄って、一方的に修正点の指示を出した。得点パターンを確立できないまま後半も終わると今度は、宮本、三都主、田中誠、福西に近づいて、いつものように小首をかしげながら二言、三言

(中略)

車座の中で、主力組が話したのは、ざっと、こんなところだ。「ヒデ(中田)のやり方と部分部分で違うところがある。まだコミュニケーション不足。後ろからの指示がもっと欲しいとか、どう守るかでヒデは不満だったみたい」と田中。

 三都主は「高い位置なのか、下がって守るのか。ヒデはきのうの守備練習をしてなかったと思うし、うまくかみ合わなかった」といら立ちを見せた。そもそも、攻守が乱れた最大の原因は急造布陣だったことにもある。福西は「後ろと前線がポッカリ空いていた。攻撃3人が孤立している」と指摘した。代表取材に対して、中田は「知っている通り、ボクはボランチよりアタッキングの方が好き。ボクの目標は点を取ること。周りの人はバーレーン戦は引き分けでもいいと思っているけど、ボクは絶対に勝たなければいけないと思う」と、アグレッシブな役割にヤル気満々。
-引用終了-

中田英のゲキ、日本の闘争心よみがえらす(毎日)
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/20050604k0000e050025000c.html
-引用開始-
代表に合流直後の5月31日夜、選手全員のミーティングがあった。主に話していたのが中田英だった。その場で「強い気持ちを持って戦う」と意思統一した。勝ち点を奪い合うW杯予選で「ここは引き分けでもいい」と計算ずくの戦いを志すあまり欠けていたものだった。「どのようなやり方や戦術よりも、1対1の勝負に負けなければ、試合にも負けない。できないのは気持ちの問題」。自他に厳しさを求める中田英らしい言葉だった。
-引用終了-

バーレーン戦、攻守に“厳格な長兄”ヒデの気迫(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20050604ie02.htm
-引用開始-
練習でも、わずかな時間を見つけて他の選手をつかまえ論議を仕掛けてきた。ジーコ監督を包容力ある父親とするならば、チーム一の実績と経験を持つ中田英は厳格な長兄だ。

 「練習の雰囲気は少しずつ良くなっているが、大きな進歩とは言えない」と手厳しい。

 しかし、「(試合のポイントは)間違いなく1対1だ。僕は勝ちたいと思っている」という意気込みを最も強くバーレーン戦で実践したのは、故障で不在の間にややスリムになって軽快さを増した感のある28歳だった。
-引用終了-

なんかアサピーと全然違うんですけど。中日がアサピーに一番近い記事なんですが選手のコメントをきちんと掲載してフォローしとります。

中田は孤立しているという歪んだ記事を掲載したのはアサピーだけのようです。
スポンサーサイト

コメント

おお

今回の記事はソースが多くて凄いですね。

  • 2005/06/07(火) 10:27:19 |
  • URL |
  • ろんど猫 #-
  • [ 編集]

今回は多少気合いを入れてみました

最近ちょっとアクセス数が低調だったので気合いを入れて書いてみました。朝日がヒデをネタにして記事を書いたということで、あの引退誤報事件が頭を過ぎり「こりゃあきっとエゲツナイ記事に違いない」と思って調べてみたら案の定。といった具合です。

  • 2005/06/07(火) 20:11:06 |
  • URL |
  • 管理人 丸楠 零人 #RH9dq046
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/229-ab4e69bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中田英寿選手の記事をめぐる、朝日新聞配信記事の比較

「革命ごっこ」の丸楠零人氏が面白い記事比較を取り上げていた ↓■アサピーは今でもヒデが大嫌い(革命ごっこ)ひどい記事ですなあ。アサピーは「あの事件」以来ヒデが憎くてたまらないようです。 伝説のあの事件 http://www.asahicom.com/soccer/  → 丸楠氏は自身のエン

  • 2005/06/05(日) 13:05:20 |
  • 不可視型探照灯

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。