【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日思想全開の三省堂

オユンナさんが教科書に登場
13歳で初来日、夢実現の姿描く
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050730/eve_____sya_____007.shtml

-引用開始-
名古屋を拠点に活動しているモンゴル人歌手のオユンナさん(29)が、来年度から中学校の国語の教科書に登場する。二年生対象の「現代の国語2」(三省堂)で、掲載作品はオユンナさんの成長を描いた「草原の国から」。国語の教科書でモンゴル人が題材になるのは初めてという。
(中略)
三省堂は三年前、モンゴルで第二次大戦後によく歌われ、オユンナさんが来日後に日本語で歌っていた「ヒロシマの折鶴」を英語に吹き替え、中学三年の英語のリスニング教材に採用した。今回の国語教科書への採用について、同社教科書事務局長の木村創平さん(41)は「日本への留学を決意したころのオユンナさんと同じ世代の中学生に、彼女の生き方を知ってほしい」と狙いを話す。
-引用終了-

英語を教えたいのかプロ市民を養成したいのかどっちなのよもうって感じですね。

三省堂といえば
http://www.tsukurukai.com/02_about_us/03_move_02.html
1988年の7月に

-引用開始-
高校二年生用英語教科書『ファースト イングリッシュ シリーズ』において、マレーシア人の回想として「最も残虐なのは日本人」「日本軍が赤ちゃんを空中に放り投げて銃剣で突き刺した」との記述があり、これが教科書検定を通過していることが明らかになり問題となった。三省堂は当該項目を『マイ・フェア・レディー』に差し替えることを文部省に申請し、同日に承認された
-引用終了-

こんなことをやっちゃってる歴史ある反日教科書出版社です。つい最近も英語の教科書で「日本が朝鮮語を話すのを禁止した」と記述して文部科学省に内容の訂正手続きをとったことで有名です。
http://kuyou.exblog.jp/1214884

それにしても最近の英語教科書は韓国が出てきたりして偏向しすぎてますなー。「新しい英語教科書」の登場が待たれます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/276-1a14e99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。