【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊新潮の悪質反共デマ攻撃をはねかえそう!(笑)

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

いやぁ今週の週刊誌は非常にデキがイイですなぁ。

週刊新潮の「穀田恵二ラブラブ・メール」記事(約1ページ)&週刊文春の「不破哲三は赤い貴族」記事(3ページ)。この他に週刊現代の「池田大作勲章狩り」記事もあったりするわけですが。

まずは週刊新潮の「ラブラブ・メール」記事から。

国対委員長という重要な立場におられる衆議院議員穀田恵二氏と穀田議員のウグイス嬢の不倫疑惑を元秘書が暴露したというもの。

なんでもウグイス嬢が元秘書に「大変な鮎(穀田氏)へ」と題したメールを誤送信してしまい、後日穀田氏が「メールの件は墓場まで持っていってくれ」と泣きついてきたそうで・・・・

穀田氏は自身のwebサイトで記事を完全に否定しておりますが
http://www.kokuta-keiji.jp/column/nisshi/1162360075.html

-引用開始-
3、この記事の中身に関していえば「ラブラブメール」などと、あたかも特別な関係であるかのように報じているが、メールの内容は業務上の意見を述べたものである。
-引用終了-

業務上の意見を述べたメールで「鮎=穀田、ビク(魚を入れる篭のことね)=ウグイス嬢、ヤマ(京都市内の山中によく連れていったから)=元秘書」なんていう暗号を使うんでしょうか。

さらに、元秘書について穀田氏は

-引用開始-
彼は、私の地元の元秘書であった。今度の週刊誌の記事は、私が彼の日常生活の乱れをたしなめ、秘書活動のあり方の不十分さを批判したことを、逆恨みしてデッチあげた、陰謀的なものにほかならない。
 また彼は、市民道徳に反する、許されない腐敗行為に及んだことが明確になり党を除名された人物である。
-引用終了-

お~~~。力強いお言葉。

でも、もし不倫疑惑が事実だったら穀田氏が「市民道徳に反する、許されない腐敗行為に及んだことが明確になって党を除名」されちゃうね。

それにしても不思議なもので、週刊新潮を読んだあとで穀田氏のコラムのタイトル「こくたが駆(い)く」を見るとイヤラシイことを想像してしまうのはなぜなんでしょうか。しめつけチカンビーム(@千乃裕子)を受信しているせいなんでしょうか。

あ、そうそう。ウグイス嬢なんですが「民青のピチピチギャル」ではなく「47歳既婚」だそうでかなりガッカリしました。

まあ「47歳既婚」だからこそ「ビクの中に入ってくる鮎」の喩えなんでしょうけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/377-bb51b17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。