【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺予告手紙について考えてみる。

==この記事はFC2blogのタイマー投稿機能を使用して投稿しています。==

さて、一騒ぎ起こっている文部科学大臣宛ての自殺予告手紙だがどうも気になる点がある。(全文はこちら)

「ぜったい先生をゆるさない。」とか「自殺といじめは因果関係があり教育委員は、いじめをしっていながらなにもしなかった。」とか「なにもしない教育委員会はいらないすぐに解散してください。」とか「教育委員会は、どこもニュースでやっているとおり同じです。ウソをついて自分のためだけにやっています。きゅうりょうどろぼうで自己中心でゆるせません。」とかが非常に臭う。臭いますゾィ。怪しさ爆発ですなぁ。

教育基本法改正を前に教育委員会や教師が無能なのだというのをアピールするための政府・与党の「やらせ」ではないか。教育改革タウンミーティングで「やらせ質問」が発覚したこともあり余計に臭う。

マスコミも子供が書いたと断定して報道しているがこれも怪しい。たしかに実物を見ると子供が書いたように見えなくもないが、こんなものは「知☆おくれ」にでも書かせれば簡単に作ることができるだろう。利き手と逆の手で書いたとも考えられる。

「豊」の文字が入った郵便局が取り扱ったという部分にも注目しなければならない。福岡の自殺生徒の遺族に武「豊」が色紙を贈っている。何かのサインとして機能している可能性がある。

堀江メール、穀田ラブラブメールに続く「2006年お騒がせメール三部作」の完結編がこの自殺予告手紙なのだ。

という陰謀論がなかなか出てこないので書いてみました。

(注意:このエントリーは完全にネタであり、私はこのような陰謀論を支持する者ではありません。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/383-5af62a91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。