【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひょっとしてそれはギャグで言ってるのか

「遺骨問題は今、日本は何をすべきか」
http://210.145.168.243/sinboj/j-2004/05/0405j1216-00002.htm

清水ポン子がまた電波発言をしている。記事の最後の部分が最高に笑えるので紹介しよう。

-引用開始-
遺骨は人格的性格を持ち、その死者に対する敬愛の情と癒し、そして、関係の修復と許しを請う人としてのまつりごととしておろそかにすることのできない営みだ。

 加害国日本の政府は遺骨返還の義務がある。私たちは、日本政府にその義務を果たすよう要求しよう。そして、国と自治体および企業、寺院などの調査を急がせる必要がある。とくに、私たち日本と南北朝鮮の民衆が、過去の歴史を教訓にして「敗戦60周年、朝鮮の解放60周年」の新たな連帯運動を構築し、日朝平壌宣言の履行と日朝正常化の実現と、南北の統一促進の力を作り出していくことを提起して報告を終わる。
-引用終了-

ポン子は複数の遺骨をミックスして日本人の遺骨にする金正日にこそこのセリフを言うべきだろう。「将軍様、朝鮮人の遺骨をもっと大事にして下さい」って言ってこい。
スポンサーサイト

コメント

罪悪感の処理方法

アフリカの黒人奴隷を解放する時の白人の行動や、第二次世界大戦後のドイツ人や日本人、原爆投下後のアメリカ人などの行動原理は同じように思えます。
つまり、罪悪感と言う物が前提として存在していて、その罪悪感を処理するには、自らが自らを卑下し虐待し、「自分だけは許して」と相手に乞うのだと思います。
清水氏も、過去の日本の出来事を自らの罪悪感として蓄積し、その罪悪感から逃れる為にこのような突飛な事を言う事で免罪符になると思っているんだと思います。

ただ、上のような罪悪感を処理する方法に私は疑問があるのです。この場合の罪悪感とは「自分の意思で罪悪感を背負い」かつ「自分で勝手に免罪の方法を決め」かつ「自分で自分に免罪符を与える」と言う自分勝手な理屈に過ぎないわけです。
仮に外国の、どちらかと言うと反日的な人物が清水氏に会ったらどう思うでしょうか。
「自分で勝手に騒いで、自分で勝手に謝罪して、自分で勝手に満足している。なんてワガママな日本人だ」と思うのではないでしょうか。

清水氏の行動で日朝関係や日韓関係など、半島との友好関係が改善されるとは思いません。
また、特に日朝関係では、この発言を金正日が己の体制強化の為に利用するだけでしょう。
「我が偉大なる金正日将軍に、日本が泣いて許しを乞う」と。
そこで何が起きるか、と言うちょっと先の事を想像すると、独裁政治と非自由の社会を強固にしてしまう事に過ぎません。
それが民主国家として、やらねばならぬ事なのでしょうか。
罪悪感の処理方法はもちろん人によるでしょうが、自分で自分の罪悪感を勝手に処理する人に、責任能力があると言えるのでしょうか。
そもそも、清水氏が訴えたい相手に、その自分勝手な誠意は伝わらないでしょう。
少なくとも、私はそう思います。

  • 2004/12/17(金) 10:08:37 |
  • URL |
  • ろんど猫 #-
  • [ 編集]

独裁政権相手に和解は無理

コメントありがとうございます。

清水澄子が所属する朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会は日朝国交正常化の早期実現を求める要請書というのを出していて「私たちの父母が私たちに残した負の遺産を、ふたたび次代に残さぬために、日朝平壌宣言に示された精神で一日も早い国交正常化を達成し、東北アジアの平和と安定が作りだされるよう強く要請する」と言っています。ろんど猫さんが指摘されたように勝手に罪悪を背負い込んで勝手に解決方法を決めているように見えます。エスカレートし過ぎて「犯した犯罪はどれだけ謝罪しても償いきれない」とも言っています。ここまでくると病気ですね。清水澄子の論理だと永遠に清算なんてできません。

罪悪感を持つのは結構なことだと思いますが、独裁政権が続くことで自国民が食糧難でバタバタ死んでいったり、文明から取り残される状態が続くことにも目を向けて、日本と朝鮮が付き合ううえで何が良いことなのかも考えてもらいたいですね。将軍様マンセーでは何も解決しないし明るい未来もないでしょう。

  • 2004/12/18(土) 04:55:37 |
  • URL |
  • 管理人 丸楠 零人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/79-3584e9d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。