【11万人目の】革命ごっこ【参加者です】

趣味者界のはじっこに立つこと3年。まだまだサヨク本収集は続きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッドエンド

【韓国ドラマ分析】最近のドラマ成功のカギは?
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/12/30/20041230000071.html

-引用開始-
最近の韓国ドラマは主人公の死で幕を閉じるケースが増えてきている。
 30%近い視聴率を記録して今月28日に終了したKBSドラマ『ごめん、愛してる』の最終回で頭に銃傷を負いながら生きていた主人公ムヒョク(ソ・ジソプ)がついに死を迎え、ヒロインのウンチェも自ら命を絶った。
(中略)
ライバルドラマのSBS『ラブストーリー・イン・ハーバード』でもヒロインのスイン(キム・テヒ)が早い時期に死を迎えることになる。当初、メキシコで医療ボランティアに参加したスインが病に倒れてこの世を去ると設定した制作陣は最近、彼女の病名を「悪性リンパ腫瘍」と公開した。

 明るく楽しい雰囲気のハッピーエンド一辺倒だった若者向けの韓国ドラマは、今年になってから180度変わった。視聴者の涙腺を常に刺激する「主人公の死」は、すっかり主流となっている。

 今年の初めに終了したSBSドラマ『天国の階段』は、目のがんで死を迎えることになるジョンソ(崔志宇(チェ・ジウ)扮す)に目を提供するためにテファ(申鉉濬(シン・ヒョンジュン)扮す)が車で自殺する。

 SBSドラマ『バリで起こったこと』(日本タイトル『バリでの出来事』)ではジェミン(チョ・インソン)がリゾート地のバリにまで行って愛する恋人のスジョン(ハ・ジウォン)と恋敵イヌク(ソ・ジソプ)を拳銃で射殺して自分もビーチで命を捨てる。
-引用終了-
いやー人がバタバタ死んでますね。ここまで徹底していると爽快です。パクりパクられが横行してるからちょっと数字が取れると同じようなものばかりが大量に作られます。ドラマも事大主義です。

-引用開始-
一方、ストーリー作家の立場からすれば、“死”という素材が与える魅力をただ素通りすることは簡単ではない。MBC『漢江水打令』を執筆中のキム・ジョンス作家は「生や死といったこと以上に深い素材はないだろう」としながら、「以前に金東里(キム・ドンリ)先生が授業で『書くことがなくなったら死について考えてみなさい』と仰っていたのが記憶に新しい」と話した。
-引用終了-
韓国の脚本家はみんな書くことが無いようですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakumei.blog2.fc2.com/tb.php/94-ffb272dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

韓コマ、アップデートしました。

ペ・ヨンジュンとチョン・ジヒョンの共演CM、ハ・ジウォンさんのページなどを新たに追加しました。リンクからどうぞ!韓コマ  ハ・ジウォン

  • 2005/01/09(日) 19:39:07 |
  • 韓コマ!!韓国CMを見よう!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。